ページトップへ戻る

記事とニュース
articles & news

【ジャパン アミューズメント エキスポ2017 いよいよ今週末開催】

 

ジャパン アミューズメント エキスポ協議会(東京都千代田区、会長:里見治)は、

2017年2月10日(金) ~12日(日)の3日間、

国内最大のアミューズメント・エンターテインメント産業総合展示会

「ジャパン アミ ューズメント エキスポ2017(略称:JAEPO2017)」を

幕張メッセ(展示ホール2・3)にて開催します。

 

当日は、42 社(国内:40 社 海外:2 社)の企業による、

発売前の最新ゲームマシンやクレーンゲーム、関連製品など約 1,000 アイテムを展示し、

それらをプレイ料金無料で遊んでいただけます。

また、第5回の開催となる今回は、会期が1日延長され、一般公開日の11・12日は、

株式会社ドワンゴ が主催する国内最大級のユーザー参加型ゲームイベント

「闘会議2017」との“初合同開催”となります。

両イベントのゲームコンテンツが融合することで、アーケードゲームの他、

アナログからデジタルまで古今東西のゲーム、ゲーム大会・実況など、

全てのゲームファンが楽しめる、“新たな形のゲームイベン ト”を体験していただけます。

 

※開催初日、2月10日(金)は、業界関係者向けのため、一般の方は入場できません。

<「JAEPO2017」注目の最新トレンド>

 

●風適法改正が追い風に!?

「キッズ」「女性」「初心者」までユーザー層拡大を図るゲーム機器 ゲームセンターは、

すでに約 6 割がショッピングセンター内に設置されており、

昨年 6 月に施行された改正風営法では、一部地域を除き、保護者同伴であれば

「16 歳未満の 18 時以降の入場」が可能になるな ど、

より幅広い層の人々が楽しめる“遊びの場”になっています。

この「ゲームセンターの今」を反映した、

「メダルゲーム」「エアーホッケー」「運転シミュレーター」などの

キッズも大人も楽しめるゲーム機、女性に人気の最新「プリントシール機」、

利便性を高め“ゲーセン初心者”の気軽なプレイも促進する「電子マネ ー決済システム」など、

ユーザー層の拡大を目指すゲーム機、関連機器が多数登場します。

 

●話題の最新技術を活用した「VR ゲーム」

様々な分野での活用が話題となっている「VR(仮想現実)」は、消費者向け機器の他、体験施設も続々と 登場しており、

“ゲームセンターの未来”を変える可能性のある技術として注目を集めています。

本会場 でも、ゲームセンター・アミューズメント施設ならではの迫力体験が楽しめる VR ゲームが出展されます。

 

●プレイしても!観戦しても!みんなで一緒に盛り上がる「e スポーツ」

世界的人気の高まりから、昨年には全国リーグがスタートするなど、

国内でも競技人口が急速に増えて いる「e スポーツ」。

会場では、多人数で楽しめる対戦ゲームが出展される他、出展社による大規模な決勝大会、

主催イベント「天下一三大祭」も行われるなど、対戦ゲームを“遊んで、観て”楽しめます。

 

http://jaepo.jp

« »